はてなブログ『赤一色』で更新のおしらせをしています

『今』本当に大切なのは『今の嵐』と生きることだと思う。その日のあとのことは、その日が『今』になったら考える。

これまでの嵐のライブや、番組を見返していても、このくらいのときに話があったんだなと思うことはあるけれど、やっぱりという思いは浮かんでこない。

まったく予想もしていなかったからだ。

小さな点と点が一箇所に集まって、すごい勢いで積み上がることもなかった。

UBの件も、なるほど。そんな見方もあるかと、ただただ楽しく驚いている。

一瞬もユニットバス以外のことが浮かばなかった。

私の中でメッセージが含まれていたかもしれないことが、可能性として存在していなかった。

なんて幸せなことなんだろう。

 

嵐の中で話が出て、それぞれが考え、結論を出して、事務所に報告して。

どんなときも1mmたりとも出さなかった。

だからこそ、私はこんなにすぐに100%を受け入れて、全力でついていくとエンターキーを押せたのだと思う。

 

嵐の魅力は、仲の良さもある。

だけれど、一番は、1人1人のメンバー。

そんなことが会見から伝わってきた。

 

2020年12月31日で、嵐は一旦『嵐』をたたむ。

それまでのおよそ2年の間、ファンはどうしたらいいのか。

『今』を大切に過ごすことではないか。

2020年12月31日という期限が設けられたことで、その先のことがどうしても気になってしまう。

心配になってしまう。

だけれど、『今』本当に大切なのは『今の嵐』と生きることだと思う。

その日のあとのことは、2021年が『今』になったら考えよう。

今は今しかない。

誰にだって今を生きることしかできないのだから、せめて全力で嵐との時間を過ごそうと思う。